RealVOICE 2016.6.29  Leo Sasakiさん & 横山 真一郎さん

RealVOICE 2016.6.29  Leo Sasakiさん & 横山 真一郎さん

プロフィール詳細

ゲスト名 Leo Sasakiさん 横山 真一郎さん
所属 シンシンズ 
マリネット-宮城ケーブルテレビ株式会社-
ホームページ http://web.c-marinet.ne.jp/index.php
プロフィール Leo Sasakiさん
  宮城生まれアメリカ育ち。国内外で司会、通訳、翻訳、イベント司会など幅広い分野で活躍。宮城ケーブルテレビ・マリネットで放送中の「LEOの珍丼中」ナビゲーター

横山 真一郎さん
仙台市出身。2014年までアコースティックポップデュオ「イケメン'ズ」のメンバーとして活躍。現在は宮城ケーブルテレビ勤務。またシンシンズのメンバーとしても活躍。 

ラジオ(録音)

ラジオ書き起こし

GUEST 

Leo Sasakiさん & 横山 真一郎 さん

(シンシンズ 、マリネット-宮城ケーブルテレビ株式会社-) 





MC

松村 豪太 

(一般社団法人ISHINOMAKI2.0代表)




MC
「本日もスペシャルなゲストに来ていただきました。ちょっと僕、緊張しております、というか  どんな爆弾が出るというか無事に本当にこの生放送済むのかというところ緊張しているんですけれども、すごい顔されております。紹介しちゃいましょう!司会業や通訳などでご活躍されております、宮城ケーブルテレビ・マリネットのLEOさんことLeo Sasakiさん、そして お久しぶりですと言いますか石巻の皆さんお馴染みですね、今回は肩書きとして宮城ケーブルテレビ・マリネットとしてご紹介させていただきます よっこさん こと横山 真一郎さんです、どうぞよろしくお願いいたします。



GUEST(横山真一郎さん 以下横山さん)
「宜しくお願いいたします。」


GUEST(Leo Sasakiさん 以下Leoさん
「宜しくお願いいたします!どうもー、石巻本当にご無沙汰していただいて、目の前に豪太さんがね」


横山さん
「喋りますねー!さっそく!」


Leoさん
「イケメンがさー、かっこいいからドキドキしちゃうんですよね(笑)」


MC
「どういう風に乗って行ったらいいのか勝負ですね(笑)」


横山さん
「もう喋りますからこのLeoさんは!」


Leoさん
「いやいや、横ちんも久しぶりの石巻ということでね」


横山さん
「はい、そうですね。」


Leoさん
「イケメンズ時代は本当に~」


横山さん
Leoさん、豪太さんが振ってくれるんで!


Leoさん
「あっそうなの?」


横山さん
「さっきキャッチボールするって話したでしょ!」


Leoさん
あっそうなの?お薬ちょうだい(笑)


MC
「1000本ノックで受け続けます!もう今、出ちゃいましたけれど、もう よっこさんは石巻ではお馴染みですね、イケメンズとして、そして震災以来、いろんな石巻への応援ですとか関わりを持っていただきました、今日は改めて、ちょっと伊東さんとかもこの番組出ていただいて



横山さん
「えっと、伊東さん誰!?(笑) 元相方のですね、伊東君もね お邪魔してると聞きまして、元々イケメンズというミュージシャンやっていた頃はちょくちょくイオンとかですね、あとは被災地も廻ったりして、避難所ですか仮設住宅にも唄いに行ったりもしましたし、あとさっきお話したんですけれどモニュメントが落ちちゃった道路の側でイベントがあった時に唄いに行ってお花を植えたりとか、あとお家 流されちゃった跡地にもヒマワリの種を植えたりして唄ったりとか、本当に色々お邪魔させていただいておりました。」


MC
「本当よっこさんの人柄、そして声に励まされた方、
沢山いて5年目 丸5年が経って6年目ですけれども本当に仮設住宅から災害公営住宅とか自主再建されたお家に引っ越しの真ん中といいますか途中みたいなところなんですよね。まだまだ応援していただきたいところありますので是非お願いいたします。」



横山さん
「宜しくお願いいたします。」


MC
「そして主役はLeoさんですので、そしてまたLeoさんがすごいんですよ!この方の経歴というかキャリアというか、すごい国際的な所で司会、通訳として活躍されていて!なんか一気に黙っちゃっているじゃないですか(笑)


Leoさん
「いやいや、また怒られるのかなと思って(笑)」


MC
「怒らないです」


横山さん
「怒らないですよ」


Leoさん
「僕ラジオ石巻さんでね、
すごい立派なヘッドフォン渡されたからね、横ちんって声キレイかっけーなと思って」


横山さん
「ありがとうございます!」


Leoさん
「ありがとうございます!」


横山さん
「真似しなくていです(笑)」


MC
「更に今日このスタジオにはですね、実は2台ビデオカメラが回っているんですよ。なんと今日、宮城ケーブルテレビ・マリネットさんがお2人Leoさんとよっこさんの活躍を収録してまた別の番組でも流れちゃう予定なんですよね


Leoさん
「いや、いつもの趣味の方達ですから」


MC
「あっなるほど」


横山さん
「やめなさいよあなたの番組でしょ!」


Leoさん
「いやいや」


横山さん
「要は何で僕たち一緒にいるのかというと、まあイケメンズ解散した後にLeoさんにLeoさんが宮城ケーブルテレビで番組をやられているんですよねマリネットで、でその時に僕が一人辞めた後ふらふらしていたらマリネットで働いてみたら?ってお話で、色々紹介していただいたきっかけでそれがご縁で僕マリネットで働く様になりまして、でそこからですねLeoさんの番組に出させてそれが縁で今日も二人でお邪魔させていただいているという。


Leoさん
「そうですね、それから色々遊ばさせていただきまして、そしてまあ色々ね、うちの子どもとか周りの子ども達を連れてその子達が喋ることによっこが音楽を普通に付けて遊んでいるっていう。」


MC
「なんて贅沢な遊びでしょう!」


Leoさん
「そうですよねー、そしてそれがちょっと形になってきたので、それの告知もあって今回ちょっとお邪魔させて. . .それよりも豪太さんに会いたかったというのが一番ですよね。ずっと聞いてましたから豪太さんってね!マリネットにて7/16からこの模様がですね一週間、一日多いとき4回とか放送されますので、だから豪太さんも是非、今まで皆さん素敵な声だけ聞いてたけれども今回初めてこのイケメンがね画面に出るという訳でございますから」


横山さん
「この石巻でもウチの番組見られる方法とかありますので、詳しくはマリネットの方に電話いただければと思うんですけど。」


Leoさん
「マリネット横山まで是非」


MC
「電話出来ちゃうんですね」


横山さん
「まあ普通のサラリーマンなんでお電話ください」


MC
「マリネット自体は塩竃を中心に展開されているケーブルテレビなんですけれども」


横山さん
「まあ石巻でも番組見られるので私もちょくちょく石巻にも実はお客様のお家にお邪魔してちょっとご説明とかさせていただいたりして、なのでイケメンズの時に来た時、震災直後の時にガードレールとかに車乗ってたりしたじゃないですか、そういうところが無くなってきたりとかモニュメントないのも、その今の会社の営業で来たら無くなっていると思って、お客様のお家に行ってもモニュメントなく無くなったんですねというお話したら、そうなんだよ、無くなることになったんだというお話をお客様から聞いたりして、イケメンズで知ったものがこのマリネットで新しい意味を知るという石巻の新しい地名をこうやって見れるのもご縁なのかなって思ったりして働いてましたけれどね。」


Leoさん
「あの豪太さんの好きな食べ物って何ですか?」


横山さん
「話し飛ぶよねー!」


MC
「僕は割と麺類とかが. . .すみません普通の事しか返せませんでした。



Leoさん
「ちなみに嫌いな食べ物は?」


横山さん
「なかなかこういうゲストいないですよね(笑)」


MC
「嫌いな食べ物がないのが僕の」


Leoさん
「えーすごい!ウチのよっこ君はね8割嫌いですからね。」


横山さん
「そんなことないまあ、6割くらい」


MC
「ホントどこから球が飛んでくるのか分らないというところなんですけれども(笑) 
で、さらにですね話が飛んでしまうんですけれどお二人が先ほど音楽をやられているというお話だったんですけれどもユニットを作られたという」


Leoさん
「はい、僕の9歳の息子がですね、リーダーになっておりまして、そして大人たちがそれにヘルプしてちょっとユニットを作った、その名前が「シンシンズ」というんですよ。シンシンズ、パンダみたいでしょ?こんなバンドないですよ~そしてその子がたまに奇声を発するんです。それに対して よっこがですね すぐそれに音楽をばぁーっと付けちゃうと素晴らしい曲出来上がっていくという」


横山さん
「子どもの発想ってすごいじゃないですか、その子本当に奇声を発するとは言ってますけど面白い子なんですよね!たまに元気に楽しくなっちゃうとわーわーと言ったのを単語が面白くてそれに曲を付けたりすると、こっちも楽しくなってくるんでこれを形にしようという事で大人の悪だくみをして子供の可愛さを売って大人は金儲けをしようという事で」


Leoさん
「うんうん、えっー?何って(笑) それでね曲が数百曲出来てしまって」


横山さん
「ウソつくなよ(笑)」


Leoさん
「それをね、是非形にして残してあげようという事で、CDをですね、
作ることになりましてそれをですね、石巻からちょっと離れているんですけど7/30にですね亘理で荒浜ロックフェスというのがありまして、そこでですね私が微力ながら司会をさせていただくんですけれどもそこに出るのがシンシンズとですね、仙台で有名なカラーボトルさん、Oh!バンデスで出ている高橋佳生さんとその息子の大ちゃんとかですね、あとはメリチョコとかですね。あとは東京からちょっと無理やり呼んだんですけど仙台出身の清貴とかすごいメンバーがお届けする荒浜ロックフェスなんですけれども、そこでだけ気に入っていただけたらCDを買っていただきたいと、そこだけ販売するという。そこでだけなんですよ、そのためだけに大人はすごいお金を掛けてCDを作るという。」



横山さん
「あともう一人の中学生の一真っていう子もいてなんでシンシンズかっていうと僕が真一郎という名前でシンが付くのと息子さんが真育(まいく)という名前でシンが付く」


Leoさん
「両方が真っすぐで、ウチの息子が真っすぐ育つと書いて真育(まいく)


横山さん
「かずまも一真っていうんですよね」


Leoさん
「ちょうど横山真一郎の真一を逆にした、たまたまなんですけどね」


横山さん
「まあLeoさんだけ入っていないんですけど


Leoさん
「今日で辞めちゃおっかなー(笑)そうなんです。」


横山さん
「それでシンシンズ、4人でシンシンズ、という」


MC
「そうそうたる出演者で荒浜ロックフェスすごい興味深々なんですけど、やっぱりその中でもシンシンズに心持って行かれてるんですけど」


Leoさん
「是非来てくださいよ!」


MC
「ちょっとこの番組なんかでまさか生でコーラス聞かせていただいたりなんてことは出来たりしますかね~?」


Leoさん
「それはダメですね(笑)」


横山さん
「やれよ!(笑)もうギター持ってるし」


Leoさん
「隣でね、よっこちんが久しぶりにギターをね、ラジオで弾くなんてあったの?」


横山さん
「まあ、それは活動している時はありましたけれど」


Leoさん
「じゃあ超久しぶりだ!」


横山さん
超久しぶりですね!


MC
「しかもガチ生ですからね」


Leoさん
「やりますか。」


MC
「はい、聴きたいです!また曲のタイトルが面白いんですよね!スッパン ドカン チリチリ♪ ヤバいんですかね?」


横山さん
「いやヤバくないんですけれど、実際のところ僕らも分らないんですよね」


Leoさん「そうなんですよ」


横山さん
「それを付けたのがリーダーの」


Leoさん
「真育君なんで!あのシンシンズに歌詞とか題名とか求めちゃダメです(笑)」


横山さん
「でもみんな楽しくなるような感じで!」


MC
「じゃあ、是非聴きたいです。お願いしてもよろしいでしょうか。」


横山さん
「お願いします。」



MC
「ではシンシンズで ♪スッパン ドカン チリチリ」




演奏曲

シンシンズ  /  スッパン ドカン チリチリ




MC
「すごい!!」


Leoさん
「生放送で唄っちゃった!(笑)」


MC
「タイトルと9歳の真育くんを中心としたバンドということで、ちょっとすみません 変な想像していたんですけどめちゃくちゃブルージーで超カッコいいじゃないですか!



Leoさん
「タイトルからよく よっこちん、 この曲作ったなっていうね」


横山さん
「はい!こんな感じでありがとうございます!」


Leoさん
「是非、豪太さん10枚ほど、買っていただければ助かります(笑)」






手づくりCM

石ノ森萬画館



演奏曲

シンシンズ  /  スッパン ドカン チリチリ





ページのトップへ戻る