RealVOICE 2016.10.19 千葉 隆博さん

RealVOICE 2016.10.19  千葉 隆博さん

プロフィール詳細

ゲスト名 千葉 隆博さん
所属 石巻工房 工房長 / ISHINOMAKI2.0 理事
ホームページ http://ishinomaki-lab.org/
プロフィール 1972年4月 石巻生まれ。
地元の高校を卒業後、一時はログビルダーを目指し建築の道に進むが、 家業である鮨店(助六鮨)で震災の日までの約20年間、鮨職人として働く。 震災後、石巻工房に関わるようになり工房長として現在に至る。 石巻工房は2014年3月に法人化。 鮨店は父親が再建。繁忙期にはバイトとして板場に立つこともある。 趣味はモノ作り。

ラジオ(録音)

ラジオ書き起こし

GUEST 

千葉 隆博 さん

(石巻工房 工房長)




MC

松村 豪太 

(一般社団法人ISHINOMAKI2.0代表)





MC
「先程の法律相談、佐藤先生のコーナーでも後ろの方で少し音がしていましたが、佐藤先生にもお祝いしてもらった通りRealVOICE今日で5周年なんですね。RealVOICE STAFFのSUZUKIさんがリサーチしてくれて、言われるまで気付かなかった位だったんですけど、大したもんですね。5年続けちゃってますよ。で5周年ということで、このRealVOICE2011年の10月からスタートしたんですけれども、まあその時には小泉という面白キャラがいて一緒に色んな様々なゲストをお招きしていたんですけれども。で、その第一回目のゲストが石巻工房の工房長、千葉隆博さんという事で5周年の今日この日、また千葉さんに来ていただいているというか、千葉さんの所にお邪魔しています。石巻工房にお邪魔しております。今日は宜しくお願いいたします。」


GUEST
「ようこそ、石巻工房へ!RealVOICE....、さあ始まりましたRealVOICEの時間がやってきました。(笑) さて5年前の今日ね、第一回目ゲストという事で私、石巻工房の千葉が呼ばれた訳なんですけれど、先程ちょっと思い出話していたら何かよくよく考えたら俺はおまけで付いてきたという体でしたよね。」


MC
「そうでしたっけ?」


GUEST
「あのーモゲ(2.0メンバー小泉)が最初2人でやるという事で来て、何かちょっと付いて行くわみたいな感じだったような、そんな感じでしたけれどね。」


MC
「すっかり千葉隆博アワー的になってましたね(笑)元々、千葉さんラジオ石巻で深夜番組」


GUEST
「あーやっていましたね。」


MC
「めちゃめちゃ挑戦的な」


GUEST
「ちょっと危ないあの頃やらせてもらって、まだ何でもありだった頃の時代ですよね、今はそういう訳にはいかないですけれどね。」


MC
「でも、石巻工房すごいですよね。あの頃は石巻工房ってまだIRORIの....我々が占拠した(笑)」


GUEST
「曰くつきの場所ですよね、あそこでやっていましたねラジオの頃は。」


MC
「IRORI石巻はアイトピア通りに面しているんですけれどもその後、そこが我々から木くずが舞っているだとか不当な文句を言われて。」


GUEST
「そうですよね、状況を知らない遠くのメンバーから劣悪な環境だからとか言われて、いやあ...みたいな」


MC
「工房が作ったんですから」


GUEST
「ここ工房なんですけれど!そういう時代もありましたね(笑)」


MC
「そこから今イトナブが入っているサトミさんの協力でIRORIの裏の所に移されて、そして更にすごいですよね。工房の活躍たるや。どんな仕事だったり、受賞とかしていますかね?」


GUEST
「いや受賞はしていないです。受賞は2.0には叶わないですよね。この間も色々何か頂いたみたいでおめでとうございます。」


MC
「だってあれでしょ?イギリスの王室美術館でしたっけ?」


GUEST
「ヴィクトリア&アルバート(ロンドンにある国立博物館)と呼ばれるN.YでいうとMoMA(ニューヨーク近代美術館)みたいな所の博物館があるんですけれども、そこの永久収蔵品ということで、石巻スツールがですね展示していますよっていう」


MC
「いや、これ凄いことですよ!」


GUEST
「とんでもないことになりまして」


MC
「で、さらにお仕事としても色んな大きな施設だったり大きな美術館だったりとか他にもありますよね。」


GUEST
「東京ですと、新国立美術館のミュージアムショップの店舗、什器やらせていただいたりとか、あと最近ですと仙台パルコ2に入っています東京スタンダードマーケットっていうお店あるんですけども、そこの壁一面うちの家具を使った棚になってもうここ工房ののお店なのかっていう位、工房の推しのお店になっています。」


MC
「ですよね。僕もお邪魔しています。」


GUEST
「聞いたんですよ!本当に焼き印押していいんですか?って。 押しちゃうと全面石巻工房のハンコだらけになりますけれどいいですか?って言ったら構わないですというお答えをいただいたので、じゃあ遠慮なくということで、そういう状態になっちゃいました。」


MC
「2011年2012年位だと本当に工房もお隣さんで、今度あそこに置かれるんだよみたいな話を聞いて、その度に盛り上がってたんですけれど、最近だと全然そんな話 事前に聞かなくても気がつくと東京のお店とか仙台のお店とか石巻のお店とか石巻工房のテーブルだみたいに普通に置いてありますからね。」


GUEST
「ステルスマーケテイング的な気がついたらなんかあるねみたいな、気になってネットで調べちゃおうみたいなっていう。調べると結構高いじゃんこれっていう。RealVOICEここだけの特典ですけれどね工房まで来て頂いて注文していただくとネット価格より2割、3割当たり前みたいなあるとかないとか!まっ、実際ありますけれど(笑)」


MC
「まずは来て頂いてという。で、今日お邪魔している石巻工房の新工房なんですけれども、ここは元石巻市女子商業高等学校の向かい位というか。」


GUEST
「そうですね、県漁連さんがあるんですけれど、その真向かいという所で、昔ここはワカメの乾燥工場だったんですけれどもね」


MC
「大きい会場を改修して吹き抜けみたいな設えですよね。」


GUEST
「そうですね元々こういう天井の高い工場だったんです。乾燥機が3つ置いてあってという。そこを使いやすい様に改造していったと。」


MC
「カッコいいですよね。是非皆さん石巻工房で検索するとホームページが出てくるんですけれどもそこにこの工場の様子が写真で出てきますんでめちゃくちゃクリエイティブだなっていう様な。」


GUEST
「一応、表向きはね、そうやっていうとTHE作業場ですからね。」


MC
「で、また愉快な仲間たちが働いていらっしゃいますよね」


GUEST
「色んな人たちに仕事していただいて」


MC
「ラジオの前の皆さんも工房で収録していますのでチェーンソーの音とかトンカチの音とか聞こえているかもしれないですけれども。で、さっき法律相談コーナーで佐藤先生のところの猫ちゃんって言ってしまいましたけれども実は工房の猫ちゃんでしたね」


GUEST
「工房の猫っていうか工房に勝手に来て勝手に寝ていく猫がいるんですけどね」


MC
「今も寝ていますね、しずおでしたっけ?」


GUEST
「しずおですね」


MC
「SUZUKIさんが焦ってリクエスト出してっていうカンペが出てきましたけれど」


GUEST
「SUZUKIくんはいつもこういう立ち位置なんですか?」


MC
「そうです。」


GUEST
「あーなんかあれだね。喋ればいいのにね。喋ったら面白いのにね!」


MC
「SUZUKIさんが焦っているのでリクエストお伺いしてよろしいですか?」


GUEST
「マイア・ヒラサワさんのBoom!っていう曲をリクエストしたいと。昔、九州新幹線のオープニングのテーマソングで流れていたんですけれども、色々あるんですけれど、この曲には思い入れが」


MC
「では聴いてくださいマイア・ヒラサワでBoom!です。」





リクエスト曲
マイア・ヒラサワ  /   Boom!





MC
「いいですね、Boom!Boom!Boom!ですね!」


GUEST
「これね、震災の時ねやたらめったらみんな頑張ろう、頑張ろうって多かったでしょ。頑張ってんだよ!こっちはみたいな。ちょっとそれを皮肉ってね、写真を撮りまくって超高速スライドショー作ってそれの後ろに流れているのがこのBoom!っていう。」


MC
「色々ありましたねー。でも嬉しいですね、5周年を千葉さんとこうやってマイクを挟んでゲストで迎えられるって」


GUEST
「5年といえば、ウチも東京の小石川の方にショールームとか出来ちゃってさ」


MC
「東京に!」


GUEST
「東京にショールームが。」


MC
「天才、芦沢が!」


GUEST
「そうですね、共同代表の芦沢が、でその更に近くにデザイン小石川っていう2年限定の物件を確保して、その中で工房の商品を2年ずっと片隅で展示しつつイベントをそこでやるという感じなので、もしこの放送をね東京の方で聴いている人いましたら小石川石巻工房でチェックしてみてください。」


MC
「是非とも。割と東京で聴いてくださっている方いらっしゃるんです。」


GUEST
「それは、すごいですね!有名になりましたね。どんどん石巻工房も海外の方にもちょろちょろ出てきましてね、最近新しいスタッフ入ったんですよ。David(デイビッド)という。彼がもう英語のメールはすべてやってますんで助かっていますね。あれ?何だあれは?」


ここでRealVOICE5周年ケーキが登場。



MC
「何か出てきましたよ!ラジオの妖精SUZUKIさんがRealVOICE祝5周年という華やかなケーキが今、登場しました。すごい、(ロウソクを)吹けと?皆さんありがとうございます!(拍手) 嬉しいな本当!」



GUEST
「素晴らしい、5周年ってすごいですね。やっと5周年を迎えたという事で、是非次の5周年目にまた呼んでいただけたら嬉しいかなとは思っていますんでその時まで皆さんさようなら」


MC
「また5年後に!」


GUEST
「Have a nice day!!」


MC
「Nice day !!!」






手づくりCM
         まるか


リクエスト曲
         マイア・ヒラサワ  /   Boom!




ページのトップへ戻る